2007年10月10日

ん〜いい香り

私の自宅から最寄り駅までは歩いて7分くらいなのですが、途中に3箇所くらい金木犀を植えてらっしゃるお宅があって、角を曲がるごとにいい香りが漂いますぴかぴか(新しい)

私の中で金木犀といえば、山田詠美さんの小説‘放課後の音譜’のなかで金木犀を綴った詩が出てくる1シーンがあって、私は15歳くらいのときにこの小説に出会ったのですが、いまだにこの香りが漂うと、そのフレーズを思い出します。

かわいい
キンモクセイを食べたの?
キンモクセイも食べたの。

秋には恋をしないと決めていたのにもう先に歯が痛い

キンモクセイを食べたの?
キンモクセイも食べたの。

だから痛い歯にはキス


きっとこんな感じだったはず!!
ごめんなさい、本が見つからなかった・・・。
でも、素敵な詩でしょ?








posted by miwa at 23:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記