2007年12月22日

Pavane pour une Infante défunte

《亡き王女のためのパヴァーヌ》
私はモーリス・ラヴェル作曲のこの曲が大好きで、聞き始めるとずーっと聞いてしまうんですよね。
5分強の曲を(演奏者によって長さはだいぶ違いますが)今もリピート機能を使ってさっきから30回くらい聞いています。ぜんぜん飽きないのが不思議。
でも聴き入ってしまって仕事がはかどりません。
年賀状書かないとあせあせ(飛び散る汗)

最初は村上春樹さんの小説の中にこの曲名が出てきて興味を持っていたのですが、あるとき耳にしてからもうずっと虜です。
先月、ジェーン・バーキンのコンサートに行ったとき、彼女がフランス語の歌詞を付けて歌っていたのも印象的でした。そしてとても素晴らしかった。

さあて、明日はマチネ(昼公演)ソワレ(夜公演)です。
気合いで乗り切ってきます手(チョキ)


posted by miwa at 22:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記