2008年03月31日

舞台袖の写真をもう一枚。

DSC00607.JPG

左から、振付家の石井潤先生、西山裕子さん、指揮者の大井剛史先生、私、碓氷悠太くん。

今回指揮をして下さった大井剛史先生は、この『カルメン』のリハーサルから本番までの4週間、ずっと立ち会っていただいていました。バレエの指揮をするのはほとんど初めてだったそうなのですが、私達ダンサーともよくコミュニケーションをとってくださり、テンポについてなども毎回聞いてくださったりして、本当に助けていただきました。
大井先生、どうもありがとうございましたかわいい





posted by miwa at 20:58| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

『カルメン』を踊り終えて・・・

DSC00608.JPG

観に来てくださったお客様からこのブログにもたくさんのコメントを頂き、どうもありがとうございました!!今後の参考になります。そしてなにより『カルメン』の舞台を観に来て、いろいろ感じてくださったことが本当に嬉しいですぴかぴか(新しい)

『カルメン』がデビュー作だからというのも、もちろんそうなのですが、私はこの作品のすべてが大好きで、この作品に取り組んでいる時間が本当に幸せでした。
だから、いまは終わってしまってちょっと淋しい・・・バッド(下向き矢印)

今回は、振り付けや音楽も前回の『カルメン』と少し変わったところがあったり、演出やニュアンス、表現についてもより深く細かいところまで石井潤先生から要求があり、またそれをパートナーの碓氷悠太くんと、細かく話し合いながら作っていけたことも、とても嬉しかったですかわいい


写真は終演後の舞台袖にて、ミカエラ役の西山裕子さんと、ホセ役の碓氷悠太くんと一緒に。


posted by miwa at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月30日

楽屋にて

200803301037000.jpg
まだ、昨日の舞台で感じたことを上手に文章に出来そうにないので、落ち着いたらまたブログに書きます。

観に来て下さった方々、応援して下さった方々、本当にどうもありがとうございました!!

皆様に支えていただいて、無事に舞台を終えることが出来たことを心から感謝致します。

写真は楽屋です。
昨日の舞台中で癒された、アロマキャンドル、一輪挿し、珈琲、etc・・・
posted by miwa at 17:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月28日

『カルメン』開幕!!

昨日は客席で『カルメン』の舞台を観ることができました。
最近は毎日のように、他のキャストの舞台稽古を観たり、自分が演じたりしていましたが、やはり本番を見ると、いまだ感動の渦の中にいる感じがします。

主役の酒井はなさん、山本隆之さんも熱演でとても素晴らしかったし、ダンサーのみんなも一致団結していて本当にエネルギッシュな舞台でした。

土曜日には、あの中に自分がいると想像すると幸せでたまらないと思う気持ちと、3年前よりも私なりに深めていったものをお客様に届けられるかという気持ちと、心の中はいろんな想いが駆け巡ります。

『カルメン』は私が主演デビューさせて頂いた作品で、振付家の石井潤先生に抜擢していただいていなかったら、今の私は存在しない、私にとって本当に想い入れの強い作品です。
千秋楽まで、この『カルメン』というドラマが、観に来てくださったお客様の心に響く素晴らしい舞台になりますようにぴかぴか(新しい)


明日は頑張りますexclamation×2



posted by miwa at 08:56| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

ポップスタイル 絵

200802280032000.jpg
前回のブログにコメントを入れてくださった方で、夕刊が入手困難な方もいらっしゃるようで、こんなイラストのお陰でお手数掛けてしまっても申し訳ないので、一応写真を載せます。

こんなイラストを描きました。

顔から火が出るほど恥ずかしいので、一週間くらいで消します(*_*)
posted by miwa at 08:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月26日

**ポップスタイル100回記念**

200803261941000.jpg
今日(3月26日)の読売新聞、夕刊の12面に少しだけ私が掲載されています。
私の下手な絵と一緒に(((^_^;)。

以前、読売新聞の‘ALL ABOUT’という人物紹介のコーナーで2面にわたって掲載して頂いたことがあるのですが、そのコーナーの100回目記念に「POPなものを探して!」というテーマで、写真メールを下さいと、いうことでした。

ほぼムチャぶりです・・・。

いろいろ悩んだ末、ブタのバレリーナを描いて写真を撮りました。

ブタに見えないとか、バレリーナに見えないとかは、言いっこ無しですからねっ!
posted by miwa at 19:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

だーれだ?

200803261018000.jpg
って、私しかいませんが・・・。
春は光が柔らかいですね。ついこういう写真を撮りたくなります。

ここは、劇場の近くの商店街。コンビニでお買いものをしてから楽屋へ。
posted by miwa at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月24日

打ち合わせ中。

200803221626000.jpg
この写真のいかにも花粉症に悩まされている女性は、床山スタッフの松本多香子さんです(鏡越しに私も微妙に写り込んでますが)。

床山とは、舞台用のかつらやひげを扱うスタッフさんの名称で、主役の髪のセットなどもして頂きます。

きっと最初はみんな‘床山さん’という苗字の人がスタッフさんの中にいるのかな。と、勘違いします。(私だけ・・・?)

本番ではどんなセットにするか、何時からセットをするかなど打ち合わせをしているところ。

「思い切って坊主頭のカルメンってどうよ!?」

「おっ悪くないね〜」


・・・ウソです。
posted by miwa at 12:06| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記

2008年03月22日

春 has come!!

200803220934000.jpg
今日はいい天気。
春を感じますね。

今朝は鶯の声で起きました。春の始めはたいてい「ほっ・・け・きょ・・」みたいに練習中の鶯の声を聞いて、春が来たな〜と思っていたのですが、今年の鶯は勘がいいのでしょうか、今日は澄んだ「ホーホケッキョ」が何度も響いていました。

写真は通りすがりに咲いていたサクラです。ソメイヨシノより少しピンクが濃いみたいです。きっと違う品種なんでしょう。

今日から『カルメン』は舞台稽古になります!
posted by miwa at 10:22| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月20日

『パレルモ、パレルモ』

2003年の来日公演『過去と現在と未来の子どもたちのために』を観た時から、私はピナ・バウシュの世界に魅せられて、ウ゛ッパタール舞踊団が来日したときには、なるべく観に行くようにしています。

今日の演目は『パレルモ、パレルモ』。

舞台技術上限られた劇場でしか上演できなかった作品で、昭和音楽大学講堂テアトロ ジーリオ ショウワのホールを使うことによって、やっと日本での上演が実現したそうです。

幕が上がると、そこには高さ5メートル幅14メートルの巨大な壁が出現します。間髪入れずその壁は崩落し、舞台には土埃が舞い上がり、瓦礫が敷き詰められたようになる。舞台はそこからはじまります。

ピナ・バウシュの作品を、私が今日感じた感動を、言葉で表現するのは本当に難しいのです。私も彼らが伝えたいメッセージの100%は全然キャッチ出来ていないと思うので。

ただ機会があったら、本当に客席に座ってこの世界を感じて欲しいなと思います。

私はピナ・バウシュの舞台を観ると、何かに心をくすぐられ、何かが心に響いてきます。

posted by miwa at 23:05| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記

再会。

200803201325000.jpg
今日はピナ・バウシュ ウ゛ッパタール舞踊団の公演を観に、昭和音楽大学講堂‘テアトロ ジーリオ ショウワ’に行ってきました。

実は開演前にちょっとだけ楽屋裏にお邪魔しました(本当はダメなのですが・・・)。
以前、新国立劇場でバレエの大道具チーフをしていた茶畑健一さん(通称チャバさん)という方が、2007年からこのテアトロ ジーリオ ショウワで舞台スタッフをなさっているので、是非お会いしたかったのです。

私が研修生の時から、舞台の裏でずっと見守って下さっていた方で、今日もいきなり押しかけてしまいましたが、とても温かく迎えて頂きました(^-^)
久しぶりにお会いできてとても嬉しかったです!!

この‘テアトロ ジーリオ ショウワ'というホールは新国立劇場と設計者が同じということで、楽屋や舞台袖の壁の色とか質感が中劇場の楽屋と良く似ていました。


位置情報茶畑さんのお仕事姿
http://www.sansei-sc.com/?itemid=46
posted by miwa at 22:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月19日

新国立劇場バレエ団「春の夕べ」

200803191939000.jpg
今日は中劇場で「春の夕べ」という会があり、第一部がワシントンD.C.公演の報告会、第二部が『椿姫』のビデオ上映会を行いました。

私もソリストのダンサーと一緒に壇上に上がり、ワシントンD.C.公演のことを少しお話しました。その時にこのホームページを司会の梅田さんが紹介して下さったので、今日の中劇場でこのブログを存在を知り、来て下さった方もいるかもしれませんねかわいい

この写真は、残念ながら全員ではないのですが今日壇上に上がったメンバーの方々です。

一番右が私で時計回りに、寺島まゆみさん、寺島ひろみさん、さいとう美帆さん、西川貴子さん、司会の梅田さんです。
posted by miwa at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

ミカエラとホセ

200803191748000.jpg

ミカエラ役の西山裕子さんにも写真に写ってもらいました。ホセ役の碓氷悠太くんと一緒に。

カルメンの対象的な役柄として描かれるミカエラ。ホセとミカエラの牢屋のパ・ド・ドゥは穏やかな旋律に乗せて、とても素敵でうっとりします。
posted by miwa at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

踊るホセ

200803191512001.jpg
この美しいアチチュードの彼は、私の『カルメン』のパートナー、ホセ役の碓氷悠太くんです。

お会いする前は『カルメン』のような濃いドラマを、会ったことのない方と演じるのは不安があったのですが(私もシャイな性格ですし・・・)、悠太くんは前向きでオープンなダンサーなので、とても助けてもらっています(*^^*)

バレエは動きだけの世界なので、どういう気持ちでその動きをするかなど、話ながら作っていく時間はとても楽しいです。

この写真は携帯を構えて、悠太くんに動いてもらったのですが、連写モードに失敗して、無駄にたくさん動かせてしまいました。
ごめんねm(__)m
posted by miwa at 22:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月16日

表参道にて その2

200803161812000.jpg
赤坂ACTシアターで『第九』の昼公演を踊り終えたばかりのKバレエカンパニーの東野泰子ちゃんです。さっき表参道で落ち合いました。
本番、お疲れさま!!

さあ、召し上がれ♪
posted by miwa at 18:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

表参道にて

200803161625001.jpg
次の舞台『カルメン』のためにパーマをかけてきました!!

一緒に写って下さったのは美容室antiのボス、小松利幸さん。

いつも素敵にして下さってありがとうございます(^-^*)
posted by miwa at 18:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

三歳

200803160051000.jpg
昔の写真を整理していたら、三歳の七五三の写真が見つかりました。

この時代の私は金太郎の様なヘアカットで、姉たちにさんざんからかわれていました(切ってくれていたのは母でしたが)。

この写真を撮った後「私もお着物が着たかったのに・・・」と泣き出して、家族を困らせました(((^_^;)
posted by miwa at 01:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月13日

宇宙って、いいですよね!!

最近、毎日ニュースでエンデバーに乗り、宇宙へ行っている土井さんの情報が流れますね。
国際宇宙ステーションなんて聞くと、本当に夢があって素敵と、思ってしまいますぴかぴか(新しい)

いきなりですが、私はUFOを見たことがあります。
5,6年くらい前にパリに行ったとき、エッフェル塔から夜景を見ていたら、遠くの方にちかちか光っている未確認飛行物体が現れて、ぴょこぴょこ場所を移動するんです。
見ていてもそれ以上何も起きなかったので引き上げましたが、帰ってから首の後ろの辺りを何度も、さすって確かめました。
チップとか、埋め込まれるとしたらやっぱりここかな、と。
まあ、もちろん異常はありませんでしたが・・・。







posted by miwa at 22:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月12日

三年前のノート

三年前の『カルメン』のリハーサルの時にとっていたノートを発見しました。

カウントとか、当時のダメ出しとか、自分でこうしようと思ったことなどが書き留めてあるのですが、少し日記風になっているところもあり、なんだか読み返すと面白いです。

特に喧嘩のシーン。
勝手に振り付けにセリフを当てはめているのですが、
ぶつかられる→振り返る→誰か確認する→「あんたか!ちょっと待て!」と、言う→男から引き剥がす→「100倍がえしだ、このやろー!!!」と、言って掴みかかる・・・

全部棒読みにすると面白さが増します。
posted by miwa at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月09日

牧阿佐美バレエ団『白鳥の湖』

今日は牧阿佐美バレエ団の『白鳥の湖』を観に行ってきました。

4枚チケットを買っていて私の両親と友達と行くはずだったのですが、その友達が仕事の都合でキャンセルになってしまい、今年の愛妻の日(1/31)に入籍したばかりの友達に連絡したら本人は仕事で行けないけど、旦那様が行きたいとのこと。

今日の舞台の客席で私を発見した方がいらしたら、まるで私が、両親公認の彼氏を連れているような構図になってしまいましたが、彼の家庭と名誉の為に言いますが、本当に愛妻家の素敵な旦那様ですので、誤解の無いようにお願い致しますm(__)m


前置きが長くなってしまいましたが、今日は私の大切なお友達の青山季可ちゃんと、私が以前ドンキ・ホーテを踊ったときにパートナーをして頂いた逸見智彦さんが主役を踊られていたのですが、今日の舞台は本当に素晴らしくて感激しましたぴかぴか(新しい)

いつも、お友達や知っている方の舞台を観るときはどうしてか、どうしても力が入ります。素晴らしいダンサー達で、もちろん素敵な舞台になるということは信じているのですが、生の舞台なのでどんなに万全と思ってもハプニングは起こりうるわけですし、やはり無事に成功して欲しいと願いながら観てしまいます。

しかし、私の心配は杞憂に終わりましたかわいい

本当に美しいオデットと王子で、白鳥の湖に関して言えば、もう3桁に到達するくらい観たり出演して、わかりきっているストーリーや音楽なのですが、二人のドラマに引き込まれて心が温かくなりました。

季可ちゃん、智彦さん、本当にお疲れ様でしたいい気分(温泉)


いつも客席から何度かブラボーを言うのですが、今日は2列前の女の子達が私が叫ぶごとに振り返りました・・・。

発音、悪いですかねたらーっ(汗)


posted by miwa at 23:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記