2008年03月09日

牧阿佐美バレエ団『白鳥の湖』

今日は牧阿佐美バレエ団の『白鳥の湖』を観に行ってきました。

4枚チケットを買っていて私の両親と友達と行くはずだったのですが、その友達が仕事の都合でキャンセルになってしまい、今年の愛妻の日(1/31)に入籍したばかりの友達に連絡したら本人は仕事で行けないけど、旦那様が行きたいとのこと。

今日の舞台の客席で私を発見した方がいらしたら、まるで私が、両親公認の彼氏を連れているような構図になってしまいましたが、彼の家庭と名誉の為に言いますが、本当に愛妻家の素敵な旦那様ですので、誤解の無いようにお願い致しますm(__)m


前置きが長くなってしまいましたが、今日は私の大切なお友達の青山季可ちゃんと、私が以前ドンキ・ホーテを踊ったときにパートナーをして頂いた逸見智彦さんが主役を踊られていたのですが、今日の舞台は本当に素晴らしくて感激しましたぴかぴか(新しい)

いつも、お友達や知っている方の舞台を観るときはどうしてか、どうしても力が入ります。素晴らしいダンサー達で、もちろん素敵な舞台になるということは信じているのですが、生の舞台なのでどんなに万全と思ってもハプニングは起こりうるわけですし、やはり無事に成功して欲しいと願いながら観てしまいます。

しかし、私の心配は杞憂に終わりましたかわいい

本当に美しいオデットと王子で、白鳥の湖に関して言えば、もう3桁に到達するくらい観たり出演して、わかりきっているストーリーや音楽なのですが、二人のドラマに引き込まれて心が温かくなりました。

季可ちゃん、智彦さん、本当にお疲れ様でしたいい気分(温泉)


いつも客席から何度かブラボーを言うのですが、今日は2列前の女の子達が私が叫ぶごとに振り返りました・・・。

発音、悪いですかねたらーっ(汗)


posted by miwa at 23:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記