2008年06月08日

「地球の上に生きる2008」

200806080011000.jpg

今日は新宿の高野ビル4階へ写真展を見に行きました。

朝、新聞で発見した『地球の上に生きる2008 DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展』。

武装した警官隊に一人立ち向かう僧侶、痩せこけてしまったエイズ患者のシャワーを浴びる背中、盗みを働きライフルで殴られた少年、温暖化が進み洪水で家を無くした人々・・・。

実際に、一枚、一枚、写真の前に立つと、被写体を前に写真家の方たちが感じ、必死で伝えようとしているメッセージ、恐怖や怒りや悲しみが深く静かに胸に突き刺さってくるようでした。


そのうち私はきっと、日々の生活に追われ、ここで感じたことは時が経つにつれて薄れていってしまう・・・。

でも彼らが仰ぎ見る空と、私たちが見る空は繋がっている。

少なくとも、そこで起こっている現実を目を背けずに受け入れ続けられる自分でありたい。
posted by miwa at 01:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記