2008年09月17日

千年前の恋物語

以前から『源氏物語』を読んでみたかったので探しにいってみると、書店には本当にたくさんの『源氏物語』が並んでいるんですね。

古典に近いものから、現代版にアレンジされているもの、逆輸入のように海外の作家が訳したもの、漫画になっているもの・・・。

08.9.17 003.JPG

きっといろいろな作家の訳のものが読みたくなるだろうと思ったので、はじめはごく読みやすいものからと思い、浜村淳著の『源氏物語』を選びました。

本当に読みやすくて2日で読んでしまったので、今度は女性の作家さんの書いた『源氏物語』も読んでみたいな、などと思いながら、ネットで検索していたら、源氏物語占いなるものを発見。


占ってみると、私は‘女三の宮’とのことでした。

「‘女三の宮’は源氏の兄の娘で、のちに源氏の妻になるのですが、あまりやさしくされないのでした。そのためか彼女は柏木の誘惑を拒みきれず、不義の子供を出産した後、出家し、仏道に専念します。」

なんだか私の人生がズドーンと、重くなったような・・・バッド(下向き矢印)
生年月日を入力しただけなのに!!!!


しかし、1000年前の女性達も『源氏物語』を読み、私の恋はだれそれのようだわ、とか、自分や周りの人たちを登場人物に重ね合わせて楽しんでいたに違いないと思うと、1000年前に思いを馳せて、ちょっとだけ微笑ましい気持ちになりますかわいい



posted by miwa at 22:21| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記