2009年01月08日

草刈民代さん 最後の『ジゼル』。

昨日はオーチャードホールへ、草刈民代さんの踊る最後のクラシックバレエ、『ジゼル』を観にいきました。

登場したときの香るような華やかさ。
最後のステージの民代さんのジゼル
晴れ晴れと艶やかで本当に美しかったですぴかぴか(新しい)


以前にもブログで書いたことがありますが、私は18歳のとき、牧阿佐美バレエ団に一年間在籍していた時期があります。

入団一年目の私は、当時プリマバレリーナとして活躍されていた民代さんのリハーサル中のテープ番(音だし)をしたり、舞台袖で水とタオルを持っていたりした経験があり、客席からは観ることの出来ない −舞台に臨んでいく民代さんのうしろ姿であったり、納得のいくまで努力されている姿を、垣間見させていただいた時間があるだけに、昨日の舞台は感慨深い想いで観ていました。

クラシックに結い上げた髪、ロマンティックチュチュ、コールド・バレエの前で踊る姿・・・。

彼女が別れを告げてしまったものたちですが、観ていた人の心には、残っていくものなのでしょうかわいい



posted by miwa at 23:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記