2009年03月05日

クラウド・ゲイト 『WHITE』

今日はbunkamuraオーチャードホールへ、クラウド・ゲイト・ダンスシアターの『WHITE』を観に行きましたるんるん

先週もちょうど木曜日に、しかも同じオーチャードホールにて、Kカンパニー『放蕩息子&ピーターラビットバレエ』、熊川哲也さんの復活やピーターラビットのハートフルな物語を堪能したばかりでしたが、今日は一変してコンテンポラリー・ダンスカンパニーによるモノトーンな世界スペードクラブ

創設者で振付家でもあるのは台湾人のリン・ファイミンさん。
ダンサーもみんな黒い髪を持つアジア人。

『WHITE』はT、U、Vと3部構成で、それぞれ3つの角度から表現された“白”

クラウド・ゲイト1.jpg
‘T’は、笛、少人数のダンサーたち、そして柔らかい光で表現された薄墨の水墨画のような白の世界。

クラウド・ゲイト4.jpg
‘U’は漆黒の中に点在する白。光を失ってしまったら白は闇に吸い込まれてしまう危うげな白の世界。

クラウド・ゲイト3.jpg
‘V’は袖を取り払った広い空間に、露呈した照明機具から発する強い光によって生まれた、硬質な迫りくるような白の世界。


アジア人特有の筋肉による動きの切れや、同じ様な色と質感を持つ髪や肌。ダンサーたちが無音の中で呼吸を合わせ、シンクロする時は神秘的な統一感を感じました。

衣装はほとんど変化がないのですが、3つの世界ではまったく違った印象を感じます。
色は光によって如何様にも変化するという再認識。
光によって変化する白の世界を最大限に見ることができたという感じがしましたぴかぴか(新しい)

舞台は明日まで。
位置情報http://www.shibuyabunka.com/soft.php?id=6633
posted by miwa at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記