2008年02月20日

ワシントン日記【Valentane's Day】

200802151432000.jpg

14日。この日から天気は回復。
毎朝ホテルの部屋にはワシントンポストが差し込まれます。
Valentane's Day スペシャルなんでしょうか。
14日の折り込みの紙面にハートがいっぱいハートたち(複数ハート)
アメリカの人達は新聞で愛の告白をするみたいです!!
なんてオープンな!!やっぱりアメリカは熱い国だわいい気分(温泉)

この日は、スタジオでミックス・プロのリハーサルと、舞台上でライモンダの舞台リハーサルをしました。ケネディ・センターの舞台は、新国立のオペラ劇場と比べると奥行きが浅い感じでした。
posted by miwa at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
新聞で告白!?
一生の思い出になるけど、チョット恥ずかしいかも・・・。て、思うこと自体、やっぱり私は日本人ですねww
Posted by クレール at 2008年02月20日 14:39
本島さん、お疲れ様でした。早速、ワシントン日記面白く拝見させてもらっています。今回の訪米で、ひとまわりもふたまわりも大きくなった本島さんを、次回観るのが今から楽しみです。
さて、ワシントンポストといえば職業柄か、ニクソン大統領を辞任に追い詰めた同紙記者をえがいた映画『大統領の陰謀』(ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード主演)を思い出します。政府高官であるディープスロート(極秘情報源)に、夜中にビル地下の駐車場に呼び出され、互いの顔も見えない真っ暗闇の中で、息詰まるような情報のやりとり。結果、民主党全国委員会ビル(通称、ウォーターゲートビル)侵入に大統領の関与が判明し大統領が辞任、二人の記者にはピューリッツァー賞が与えられました。これには後日談があって。映画でも謎の人物としてえがかれている情報源が、近年、当時のFBI副長官(『羊たちの沈黙』ジョディ・フォスター演じるクラリス・スターリング捜査官のFBI!、)だったことが判明、話題になりました。
アメリカには基本的に全国紙はなく、地方紙ばかりと聞いていますが、あのワシントンポストのバレンタイン特集。ネットの時代、新聞もお硬いだけでは駄目なようですね。((((((((^_^;)
Posted by 理楽熊郎 at 2008年02月21日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11171899

この記事へのトラックバック