2008年03月20日

『パレルモ、パレルモ』

2003年の来日公演『過去と現在と未来の子どもたちのために』を観た時から、私はピナ・バウシュの世界に魅せられて、ウ゛ッパタール舞踊団が来日したときには、なるべく観に行くようにしています。

今日の演目は『パレルモ、パレルモ』。

舞台技術上限られた劇場でしか上演できなかった作品で、昭和音楽大学講堂テアトロ ジーリオ ショウワのホールを使うことによって、やっと日本での上演が実現したそうです。

幕が上がると、そこには高さ5メートル幅14メートルの巨大な壁が出現します。間髪入れずその壁は崩落し、舞台には土埃が舞い上がり、瓦礫が敷き詰められたようになる。舞台はそこからはじまります。

ピナ・バウシュの作品を、私が今日感じた感動を、言葉で表現するのは本当に難しいのです。私も彼らが伝えたいメッセージの100%は全然キャッチ出来ていないと思うので。

ただ機会があったら、本当に客席に座ってこの世界を感じて欲しいなと思います。

私はピナ・バウシュの舞台を観ると、何かに心をくすぐられ、何かが心に響いてきます。

posted by miwa at 23:05| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
ピナ・バウシュ、フルムーンの方を観に行きます。
ピナ・バウシュは初めてです。
有名所だから一度観ておこうかな。位の軽い気持ちでいたのですが、俄然、期待が高まりました。

P.S.
月と6ペンス、やっと読み終えました。
Posted by Ken at 2008年03月21日 04:46
kenさん
私はスケジュールが合わず、どうしてもフルムーンを観にいけません。
感想コメントを書いていただけたら、すごく嬉しいです!!
Posted by miwa at 2008年03月21日 21:24
今日(3月22日)の日経新聞に「パレルモ、パレルモ」の記事が載っていました。
その中で、
”観客自身も痛みを覚えるような画面があるのはピナ作品の特徴だがたいていはユーモアも差し挟まれる。しかし「パレルモ、パレルモ」にはそうした救いがほとんどない”
とあります。
「パレルモ、パレルモ」にも惹かれるものの、最初のピナ作品としては、フルムーンの方がベターなのかなぁなどと思っています。

的確なコメントをいれる自信はありませんが、心して観賞し、感想をアップしたいと思います。
Posted by Ken at 2008年03月22日 17:59
昨日の興奮も冷めない内に、ピナ・バウシュのフルムーンを観てきました。

上のコメントの、”ユーモア”の部分は素直に堪能できました。
外国人による日本語の台詞も、面白味を増していたと思います。

ですが、その他は、、、

確かに、パートパートは美しかったり、”おーっ”と思うシーンも多い。
しかし、強いて例えるならば、知らない言語の映画を字幕無しで見させられている気分。
映像としての美しさや、なんか怒っているっぽいとか、喜んでいそう、ということはわかっても、筋だった構成がつかめない。ちょっといらいら。

とは言っても、今まで観たことのない種類の物を観させてもらったのは確かです。
次回、来日することがあったら、是非観てみたい、と思わせるなにかを感じることのできたステージでした。



感想コメントって、こんなもので良いのですかね?
Posted by Ken at 2008年03月31日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12872778

この記事へのトラックバック

【動画】Gカップグラビアクイーン森下悠里・スタイリストにもナマ乳を揉まれる!
Excerpt: ファンが思わず生ツバを飲み込みそうなシーンは映画の前半だ。敵対組織に監禁されたちなつが、敵幹部に90センチ・Gカップの胸を揉まれてしまう。
Weblog: 【動画】Gカップグラビアクイーン森下悠里・スタイリストにもナマ乳を揉まれる!
Tracked: 2009-10-06 18:27