2008年04月10日

リハーサル近況報告

最近、不真面目なブログネタばかりでごめんなさい。。。


今日こそ、真面目にリハーサルの近況を報告しますひらめき

先週から『ラ・バヤデール』のリハーサルが始まっていて、今週から『アラジン』の振り付けが始まりました。なので今、新国立劇場バレエ団では2つのバレエを同時進行でリハーサルをしています。

『アラジン』は11月で来シーズンの舞台になるのですが、世界初演の新作なので、振付家のデヴィッド・ビントレー氏が何回かに分けて来日なさって振り付けをしています。

今日は、プリンセスが囚われの身となり絶体絶命爆弾と、いう場面でした。

アラジンはどのようにしてプリンセスを助けるのでしょう???


posted by miwa at 23:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
魔法のランプをこすって魔人を呼ばおうと思い、ポケットのなかを探ったが、ランプを忘れてきたことに気づき、すぐに機転をきかせ、ア、アア、アアッー、と、腕を畳み、わきをバタバタさせて、怪鳥の真似をしてみせ、相手が油断した隙に救い出した。
Posted by at 2008年04月10日 23:46
美和さん、お待ちしておりました。

最も興味のある、バレエのリハーサルのお話しですが、、、。
色々、制約もあるのでしょうが、
もう少し具体的なリハーサル風景をお伝え頂けると、嬉しさも百倍かなと。

全然脈絡の無い話を思い出しました。
先日、両毛線「桜路探訪」の途中に、桐生を訪れたのですが。
ぶらぶら歩いていたら、かなり、風情満点の神社に辿り着きました。
なんと名前が「美和神社」で、びっくり、にんまりでした。
Posted by haru at 2008年04月10日 23:51
『アラジン』すごく期待してます!
しかし初日のチケット手に入るかな??
最近、先行予約してもなかなかいい席取れないんです。
『ラ・バヤデール』も二階席だし。
日頃の行いが悪い?とか思ったりして。
まあ、どこでも観れるだけでも感謝!です。^^

Posted by そー。 at 2008年04月11日 00:20
私の記憶が正しければ…(これは『料理の鉄人』という番組で司会、いや主宰役の鹿賀剛史がいっていたセリフなのですが…いつか使ってみたかった(-.-))、魔法のランプを擦り、出てきた百人力の魔人に『王妃を救え!』なんて命令するのでは。
イスラムの物語はなかなかスリルとサスペンスに満ちて興味がつきないですね。特に『千夜一夜物語』は。兄弟間でも血を血で洗う権謀術数の最中にあり、すっかり人間不信となった王の話。この王の唯一の楽しみは美女の語る物語。ただし王が面白くないと思えば、立ちどころ命まで奪われるという恐ろしさ。みるにみかねた大臣が才智にたけた自分の娘シェラザード姫を側に送り、王を飽きさせることなく千夜を全うしたというお話。『アラジンと魔法のランプ』もその1話のはず。
バレエにも『シェラザード』がありますね。ちょっとあらすじは違うけど。ザハロワさんのをみたことがありますが、ロシアという大陸国家の人らしく何ともいえぬエキゾチックな感じがしました。砂漠の天幕の中か何かでみると風情があるんでしょうねぇ。
本島さんも、どんな『アラジン』『ラバヤデール』を見せてくれるか、今から楽しみですね(^0_0^)
Posted by 理楽熊郎 at 2008年04月11日 00:28
> 不真面目なブログネタばかりでごめんなさい

いえいえ、それもそれでとっても楽しんでおります。

でも、やっぱりうれしいバレエネタ。

ラ・バヤデールはかなり前の方の席を頂いて、期待度も高め。

アラジンは、手元にチケットがない分、まだちょっと先のお話な感じ。

シーズンチケットを、サタデー(湯川さんの回)でとってあるのですが、アラジンに限っては初日分、単発で取ろうかなぁ、取れるかなぁ。11月21日分の方が狙い目かなぁ。
ちょっと幸せな悩ましさです。
Posted by Ken at 2008年04月11日 01:11
不真面目だなんて・・・・・。
忙しい合間をぬって更新して下さるブログ、誰もそんな風に思っていませんよ。
すべては、あなたなんだし、いつもとても楽しみにしています、だから、決して無理はなさらいで、更新してくださいな。
Posted by エス at 2008年04月11日 03:09
美和殿はサービス精神が旺盛な方とお見受け申した。つまるところ、不真面目などではなく、人生に、人に対して、真面目なんですな。で、誤解を受けることもありゃあすが、それは無意識のうちにそうしたサービス精神が発揮されてしまうからで、まあ、周囲の人を楽しませようと常に一生懸命なんですな。
で、拙のような猿がすぐに悪ノリして、美和殿のブログの品位をおとしめてしまうのでござる。反省でござる。ボガッ! ウガガッ、ガキッ!  ギャース・・・・・も、もう充分、反省したでござる。
Posted by 不心得の猿 at 2008年04月11日 03:48
どうやって、助けるかっていうと。

わわわわっ、姫が大変だ、と緊張したアラジンは、思わず尻のあたりを無意識にさすり、「姫を助けねんば、助けねんば」と、ぶつぶつ言っていたのだが、アラビアン・パンツのポケットは思いのほか深いことになっていて、たまたまその尻のあたりに、今日は帰るのが遅くなるかも知らんと、出がけにポケットに入れておいた薄汚れたランプが移動していて・・・・・・気づいたときにはもう、あっという間にどこからともなく現れたランプの魔人が、何故か悪人どもをばったばったと薙ぎ倒して姫を救出しており、アラジンは、「あまま・・・、なみみ・・・、むもも」と、訳の分からぬことを言うばかりで、姫はそのうちあきれ果て、砂漠をずんずん帰っていってしまったんでしたかな、たぶん。
Posted by at 2008年04月11日 05:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13854280

この記事へのトラックバック