2008年09月01日

WEDDING♪♪♪

08,9,1 016.JPG
昨日は友人の結婚式に行ってきました!!

08,9,1 028.JPG
幸せそうな2人☆

新婦の路代ちゃんと私は、橘バレエ学校を一緒に卒業していて、彼女は今、‘バレエ シャンブルウエスト’で大活躍されています!!
新郎の拓也さんは、彼女と付き合うようになってから、バレエに興味を持ち、レッスンにも通い、最近は舞台にも立ったという、理解ある素敵な旦那さま!!

このご夫婦には(夫婦になられる前からも)お世話になりっぱなしで、本当に大好きなお二人!!
この場所にいられて、とてもとても嬉しかったです!!


08,9,1 018.JPG
そして、なぜかブーケトスをGETしてしまった、私・・・。

08,9,1 044.JPG
レストランにて、新郎新婦と同席の皆さんと一緒に。

08,9,1 062.JPG
ウェディングケーキ☆

posted by miwa at 19:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ブーケトス、Get良かった?ですね。
それと赤いドレス、素敵です、
チョット胸元危ないかな、、、
と、男なら思う。
Posted by 吉田耕三 at 2008年09月01日 21:56
美和さん、ブーケ!
ナイスキャッチ!!

それにしても、奥さんになる人をより深く理解するために、自らバレエを踊るようになるだなんて!?お見事です!!
たとえ、そんなに素敵なバレリーナと結婚できることになったしても、僕にはでまねできまん!もちろん、バレエは大好きですが、自らも踊るようにはならないはずです。
だいたい、タヌキみたいなずんぐりむっくりの僕が、神聖なフロアの上に立つこと自体、バレエに対する冒とくであります!!



Posted by ごんすけ at 2008年09月01日 23:06
ここ何年も結婚式に呼ばれることもなく(つまり、そういう年齢)、兄の結婚式だったか、北九州で大学時代の友人の結婚式に出たのが最後だったか…。
本島さんが出席した今風はどうなのかしりませんが、自分の兄の結婚式では職業柄か、いつどこで撮ったのものか、『○○君の生態の考察』などと呼ばれる論文まがいのスライドショーまで登場。ボクは、ちょっと赤面するとともに、母や兄自身が余興とはいえ、少し憤慨していたのを思い出します。
確かに結婚といえば、ワーグナーの歌劇『ローエングリン』やメンデルスゾーン『真夏の夜の夢』の結婚行進曲を聴くと、何か幸せな気分になりますね。でも、やはり感動するのはモーツァルトの『フィガロの結婚』でしょうか。最後、好色で好奇心旺盛な伯爵を『私は根が素直ですから』と許す伯爵夫人のアリア。謝れば許すという寛容(古代ローマ語では『クレメンティア』)で、素敵な聖母マリアのような女性(^-^)v。
ロジーナ、いたらいいのになあ…(>_<)
Posted by 理楽熊郎 at 2008年09月02日 00:19
結婚式って気持ちが晴れ晴れとしますよね!ブーケストをゲットと言う事は次は・・・ですね!
Posted by みー at 2008年09月05日 16:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18681385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック