2008年09月13日

オフの時間

今日は久しぶりに首からカメラを下げてプラプラしました!!
興味のあるものに近づいてはパシャパシャと。
こういう時間は大切ですねるんるん


2008,9,13 001.JPG
鮮やかな、葉っぱのようなお花のような

2008,9,13 004.JPG
捨てられてしまったの?駐輪しているの?
なんだかスタートラインみたい。

2008,9,13 003.JPG
ヒイラギはこうやって伸びるんですね。

2008,9,13 006.JPG
お祭りの準備。



9月に入ってからの2週間、『アラジン』の振付とリハーサルが、わーっと詰まっていたので、ブログ更新がおろそかになってしまっていて、ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)


そして来週からは、10月4日の新潟公演『ライモンダ』のリハーサルが始まります。
私は、ライモンダの友人と3幕のグラン・パに出演します。

お近くにお住まいの方は、ぜひ観にいらしてくださいね!!





posted by miwa at 20:39| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
頑張ってくださいね〜。
Posted by at 2008年09月14日 18:04
充分更新してると思うぜっ。
ヒイラギを上から見たのは初めてかも知れないなあ。サグラダ・ファミリアの中みたい。
Posted by コ at 2008年09月14日 21:57
新潟公演のライモンダ たのしみにしてま〜す。
がんばってください。
Posted by ソラ at 2008年09月14日 22:54
一枚目の写真のお花は
【コエビソウ】
というそうです。
原産地はメキシコ。

Posted by miwa at 2008年09月15日 20:51
花の写真といえば、駅で見かけるポスターによると、西武線沿線にマンジュシャゲで有名な所があるらしく、一面の赤一色、まるで桃源郷にいるような心地になってしまいます。
さて、今日は以前ブログでも紹介された『ハナミズキ』こと、一青窈(ひととよう)武道館コンサートへ。最近リリースされた偉大な作詞家故阿久悠にささげられたアルバム(その名も『歌鬼(ガキ)』)から『白い蝶のサンバ』?!(いや『ルンバ』だったかな)を踊り歌い、水がないため花が咲かない貧しいカンボジア訪問をヒントに作った新曲も披露、そしてアンコールで歌った『ハナミズキ』はマサにNiceの一言。
9・11同時テロ直後、米国に住む友人を気遣い作った曲だそうで、今回は大学時代所属した慶應大ゴスペルサークルの伴奏付き。
カラオケるんるん空を押し上げる…ムード夏は暑すぎて、水際まで来てほしい』の歌詞とともに天から降るハナミズキの紙吹雪(遠山の金さんの『桜吹雪』ではないけども)に、もののあわれの気分に。バレエにもフォーキンの『バラの精』というのがありますが、普段何気に贈ったりしてる花って本当にいいもんですね(^-^)v
Posted by 理楽熊郎 at 2008年09月16日 23:20
美和さん

ああ!
コエビソウ、という名なのですね。

初め、写真を見たとき、
鶏の尻尾が赤くなって、ゆっさゆっさゆれているような、
或いは、ロウソクの火で織られたアクセサリーのように感じたのですけど。
コエビソウという名を聞いて、
写真をまた見ていみると、海老さんがパン!パン!と元気よく緑の海で飛び跳ねている姿がみえました。

ふしぎです。
Posted by ロキ at 2008年09月17日 01:21
ああ、本島さんも新潟公演に出演されるんですね。すみません、行き違いで数日前に差し上げたご案内は無視してくださいませ。
Posted by TMK at 2008年09月17日 13:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19308664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック