2008年10月25日

『ライモンダ』 づくしの週末。

二日続けて牧阿佐美バレエ団の『ライモンダ』を観ています。
そして、また明日も!!

チラシを見ながら、どのキャストの日にいこうかと、悩みに悩んでしまって、悩むなら全部!!と思い切って、3日ともチケットを買いましたチケット チケット チケット

『ライモンダ』は、今年の2月、ワシントンD.C.公演で初めて踊らせていただいた、私にとって思い出深い作品でもあります。

また来年の2月にも新国立劇場で踊らせていただくことになっているので、お勉強も兼ねながら。

というのは、主役の「ライモンダ姫」は、「カルメン」や「ジゼル」のようにはっきりしたキャラクター設定がある役ではないので、逆にそこに自由さが生まれるというか、踊るダンサーの個性や持ち味を感じ取りやすい作品だと思うのです。

昨日も今日も、本当に素晴らしい舞台でしたぴかぴか(新しい)
千秋楽を観た後で、またいろいろと感想を書こうと思います。

明日の舞台も楽しみでするんるん

位置情報http://www.ambt.jp/ray/





posted by miwa at 22:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
プロとしては当然のことなのでしょうけど、とても素敵だと思います。

僕も、もっと努力しなければ、という気にさせられます。
Posted by nanashi at 2008年10月25日 23:03
昨夜は美和さんに、劇場で思いがけずお会いすることができてうれしかったです!
友季子さんの可憐なライモンダはすてきでした。特に3幕目のピアノの音色に合わせた踊りには、自分の胸がドキドキとときめくの感じました!!
坂西さんの伯爵夫人も素晴らしかったです。後姿からあふれる気品!お見事です。
Posted by ごんすけ at 2008年10月25日 23:35
金曜日私も観てました。座っていると、本島さんが来たので驚きました。
このコ-ナ-でも、公演等で本島さんを見かけた情報は見かけますが、私は新国以外で本島さんを見るのは初めてです、
やはりうれしいもんですね。
ライモンダは新国で、都さんとザハロワのを観て以来でしょうか、新国のとは随分違うんですね、来年どんな本島ライモンダが見れるのでしょうか、
楽しみにしています。
Posted by 吉田耕三 at 2008年10月26日 00:06
らいもんだ??

私はもっと、
バレーを勉強する必要があるようです。
Posted by sawamura at 2008年10月26日 03:19
新国立劇場決まったんですね♪
おめでとうございます!
Posted by アルピナウォーター宅配人 at 2008年10月26日 08:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21849365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック