2008年12月11日

チェコの養命酒

先週末、バレエシャンブルウエストで大活躍中で、新婚ホヤホヤの宇田川路代ちゃんのお家でホームパーティをしましたるんるん

まずみんなで買出しに行き、ピザ係、鍋係、マロンクリームミルフィーユ係(・・・よく分からない組み合わせですが、ちなみにランチでした)、と役割分担をしてワイワイと手作りしながら、すごく楽しい時間を過ごしました。

路代ちゃんの旦那様は、ヨーロッパの食料品を輸入する会社に勤めていらして(奥様に触発され、最近はバレエのレッスンも通っている)、話は次第に、いろんな国の、人や、食べ物や、お酒の話題へ。

私がDAKARAの撮影でプラハに行ったときに、ハーブの入ったお酒をいただいて、すごく体に良くて美味しかったという話をしたら、旦那様の会社で取り扱いがあるとのこと!!

becherovka 003.JPG
チェコの養命酒‘ベヘロフカ’
早速、送っていただきました!!

どのお酒屋さんに行っても見つからなかったのに、すごく嬉しいですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

becherovka 004.JPG
一口飲んだらもう焦点が!!
・・・嘘です。

ちょっといい感じに手振れしましたるんるん

posted by miwa at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
あら、ヘベロフカ。
確かに、プラハではよく見るお酒ですよね。
実は去年引越しをするときに、お土産の余りがいっぱい出てきて困ったことが。。
知ってたらプレゼントしましたのにね。もう全部自分で呑んじゃった。
Posted by きゅう at 2008年12月11日 10:09
ホームパーティ、楽しそうですね。ペヘロフカ、初めて知りました。ハーブの入ったお酒だなんて、どんな味がするのでしょうか?気になります。早速、ネットで調べてみよう。
Posted by のっち at 2008年12月11日 21:55
お酒なら、韓国の軽いくちざわりの『チャミスル』や、アイスピックで削った丸い氷に並々と注がれたダブルのウィスキーが最高でしょうか(^-^)vグッド(上向き矢印)
アメリカの女優スカーレット・ヨハンソン出演、東京が舞台の映画『ロスト・イン・トランスレーション』。相手役のオジサン男優ビル・マーレイが、新宿のパークハイアットで、かたやTOKYOの夜景を眺めながら、かたや女性のジャズボーカルを聴きながら、ウィスキーのグラスを傾けるシーンがボクの印象に残ります。
本当に美味しいお酒は、飲めば飲むほど、逆に頭が研ぎ澄まされてしまうような気がします。(*_*)
そのチェコ版養命酒、挑戦してみたい気がします。(@_@)
Posted by 理楽熊郎 at 2008年12月12日 00:52
チェコの養命酒ですか
興味深いですねぇ(^^
Posted by そら at 2008年12月12日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24134387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック