2008年12月13日

ボリショイバレエ『ドン・キホーテ』

昨日(11日)は上野文化会館へロシア国立ボリショイバレエの『ドン・キホーテ』を観にいきました!!

新国立にもゲストとしてよく踊られるザハロワさんとウヴァーロフさんのペアが踊るはずだったのですが、ザハロワさんが怪我で降板なさって、ボリショイの若手ペア、オーシポワさんとワシ−リエフさんが代役を務められました。

ザハロワさん人気が高いので、客席は落ち込んだムード霧な感じがあったのですが、幕が開き、主役の若手ペアが疾風のごとく登場した瞬間、そこはいっぺんに陽だまりの陽気なバルセロナの街に晴れ

元気いっぱいのキトリとバジル!!
ジャンプしたらそのまま楽屋まで飛んでいってしまいそうな・・・
2人とも小柄なのですが、はちきれんばかりという言葉が良く似合う踊りっぷりで、観ていてとても楽しかったですぴかぴか(新しい)

ボリショイの『ドン・キホーテ』は、ファジェーチェフ先生の改訂版なので新国立とほとんど同じで、ついつい自分が踊ったことのある役などを追いながら観てしまいますね。

それにしても『白鳥の湖』、『明るい小川』、『ドン・キホーテ』と3演目。それを約一ヶ月間、日本全国をツアーしながら20公演をこなすなんて、すごくタフですねグッド(上向き矢印)









posted by miwa at 00:30| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
美和さんも怪我には気をつけてくださいね!
Posted by のっち at 2008年12月13日 05:29
会場では見かけはませんでしたが、何となく本島さんがいるような気がしていましたが本当にいたとは、、、
当日は流石に降板の知らせを見たときは、エ〜〜〜でしたね、でもそれだけシビアな世界だな、と実感しました。
さて今年の最後は新国立のシンデレラ、
になります、本島さんもケガに気をつけてくださいね、年明けはすぐ、NEW Yearでゆっくり出来ませんね、でもこっちにはうれしいかな。
Posted by 吉田耕三 at 2008年12月13日 22:56
昨日(12月13日)は、牧阿佐美バレエ団のくるみ割り人形の会場にいらっしゃいましたよね?
12月は、観たい舞台がたくさんあって、大変やら、うれしいやら。
観るだけでもこうなのに、出演&ニューイヤーガラの準備もあるとなるとお忙しいかと思います。
寒い折、怪我を含め、体調には十分お気をつけ下さい。
Posted by Ken at 2008年12月14日 01:46
こんにちは。私もこの間ボリショイの「明るい小川」を観てきました。
その日の主役をオーシポワさんがやっていたのですが、本当にダイナミックな踊りでした!
グランジュテ・アティテュードで舞台を1周するシーンがあったのですが、まさに美和さんが書いたように"そのまま楽屋まで飛んでいってしまいそうな"ジャンプでした。
作品自体はとても楽しい作品で、バレエを見てこんなに笑ったのは初めてというぐらいコミカルで楽しかったです。
先月の新国バレエ「アラジン」以来、また新しいバレエの可能性を発見できました(^-^)
Posted by 枝里 at 2008年12月14日 12:05
バレエとかいって見たいです☆
上野でやっていたいるするんですね。
Posted by はる at 2008年12月16日 11:07
こんにちは、いつも応援しています。
今日はご挨拶だけしにきました。

ブログの更新楽しみにしています!
Posted by bxn at 2008年12月17日 14:47
オシーポワ&ワシーリエフコンビのドン・キホーテ、ボクも観ました晴れ。のびざかりの注目株だけあって、ザハロハ&ウバーロフのベテラン台風にはない初々しさがフィット射手座揺れるハートしたのでは(^-^)v。
今回のボリショイ公演『明るい小川』のように、普段日本で上演されないバレエ団独自の演目も沢山みたいですね。例えば数年前観賞した『スパルタクス』。剣奴(グラディエーター)の反乱を鎮圧する指令官クラッスス(カエサルと三頭政治の一角を担った大富豪)を翻弄するステパネンコの妖女エギナ爆弾なんか、本当にスバラシかった記憶が(@_@)。
最近では、クランコ振り付けの『オネーギン』。言葉を使う同名のオペラ以上に胸に迫る特殊な振り付け言語が圧巻。ただ、いずれの作品も同時開催の有名古典とくらべると観客の入りは今一つだったかも…。興行はどうしても採算維持のためリスクを避けがちですが、こういう作品にも是非力を入れて欲しいですね。
そういう演目を上演する団体には国が助成してみるとか。新国も半分ぐらいニュープロダクションにするとか…。お金はかかりますけどね(>_<)。不景気な世の中、少しは薔薇色になるかもグッド(上向き矢印))^o^(


Posted by 理楽熊郎 at 2008年12月17日 18:27
それは残念でしたね

美和さんもけがには
気を付けてくださいね
Posted by ヤス at 2008年12月17日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24212163
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック