2009年03月24日

嬉しい偶然☆

去年の7月に‘konoyubi ART’の記事で紹介した、
オランダのintrodansというカンパニーで活躍しているお友達の西貴子ちゃん。

『BALLET THE CHIC』で上演されるナチョ・ドゥアト作品『ポル・ヴォス・ムエロ』で、私が踊るパートと同じパートを踊っていたことがあるそうです!!

ポル・ヴォス 001.JPG
↑この写真のパート。

ナチョ・ドゥアトの作品を上演するカンパニーは世界で多いですが、同じ作品の中の一緒のパートを友人が踊ることは、そうあることではないはず!!しかも、オランダと日本!!メールで大いに盛り上がりましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

嬉しい偶然に励まされますねぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

貴子ちゃんのダンスは野性的でエネルギーに溢れていて本当に素敵!!『ポル・ボス・ムエロ』を踊っている彼女もいつか見たいな☆

西貴子ちゃんのブログ
同じことを書いてくれていまするんるん
位置情報http://ameblo.jp/takanishi/
posted by miwa at 22:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
へぇ〜〜!すごい偶然ですね!

彼女にとっても、うれしい出会いになりましたねw

Posted by えり at 2009年03月25日 09:45
バレエ・ザ・シック
見に行きますよ!!

美和さんは全公演出るのですか?
Posted by まめたま♪ at 2009年03月25日 10:51
初めまして(^-^)v
応援してま〜す。

頑張ってくださぁい(^o^)/♪
Posted by みよこ at 2009年03月25日 22:58
こんにちは。
ついに今日開幕ですね!!
僕は28日のマチネを観に行きます。
怪我だけお気をつけて、頑張ってください。楽しみにしています。

Posted by のっち at 2009年03月26日 06:41
こんばんは。
今はちょうど舞台の上でしょうか?
今日のマチネ観てきました。とーっても素敵でした!!
「ポル・ヴォス・ムエロ」はとってもきれいで、観ていて心奪われました。とにかく舞台に見入ってしまって、あっという間の30分。ドゥアト氏の他の作品もぜひ見てみたいと思いました。そういえば、記事の中の写真の部分、思わず拍手が出ていましたね。
「プッシュ・・・」もとても小洒落た作品で、とても楽しめました。
どちらの作品も出ずっぱりの踊りっぱなしで、観てるととても美しいのですが、踊っている方は結構大変だと思います。あと明日の楽日の公演も頑張ってください。いつも応援しています。
Posted by のっち at 2009年03月28日 20:35
27日観ました。ポル・ボス・ムエロとても面白かったです。題名から言うと面白いって内容じゃないかもしれませんが、なんせドゥアト初めてなのでして。えへ。
何事も経験です。えっへん。
Posted by コ at 2009年03月29日 22:20
THE CHICの千秋楽滑り込みセーフでした。まず『ポル・ヴォス・ムエロ(あなたのために死ぬ)』。振り付けからイリ・キリアンの『優しい嘘』を彷彿させたのですが、やっぱりナチョ・ドゥアトはキリアンの弟子だった。なんかボクなんか、スペイン内戦時代に暗殺された国民的詩人ガルシア・ロルカの『午後の五時』という詩や、俳優のアンディ・ガルシアがロルカを演じた映画を勝手に思いだしてしまいました(゜o゜;)。
また『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』での、本島さんや西山さんの衣装は1920年代、いわゆるアメリカジャズ・エイジと呼ばれた時代のコスチュームでしょうか。ジャズエイジと言えばスコット・フィッツジェラルドですが、彼の作品を映画化したのが『ベンジャミン・バトン』。年とるにつれ若返る主人公ブラピの相手ケイト・ブランシェットが演じたのが、ボリショイ劇場で踊った唯一のアメリカ人という設定だったなぁ、などと、これまた勝手に思いだしました。(-_-;)
座席は舞台から近く、表情も間近に。本島さんが本当に生き生きと楽しそうに踊っているのを見て、『バレエとは身を焦がすような情熱』(マリ・アニエス・ジロ)という言葉が今度は自然に納得できました(~o~)。
Posted by 理楽熊郎 at 2009年03月30日 01:43
ご無沙汰してます。
土曜のソワレを観に行きましたよ!
『ポル・ヴォス・ムエロ』の写真の決めポーズ、なるほどここで!と思わずにっこりしてしまいました。
以前美和さんがブログで書かれていたように、動きを見れば使う筋肉が違うというのも納得です。個人的には地味に首カクカクが好きでした。後ろ姿がなんとも可愛いんですよ!ご自分では見えないでしょうけど。^^
一晩でレベルの高いダンサーの皆さんによる、四人の素晴らしい振付家の作品を観れて大満足でした。全幕物だけでなく、こういう作品集も今後もシーズンに1つか2つは必ず入れてほしいな、と思いました。
今日は最終日でしたね。お疲れ様でした!!
Posted by そー。 at 2009年03月30日 02:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27844747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック