2007年09月21日

アルゴス坂の白い家-クリュタイメストラ-

今日はお芝居を見てきました本

「ギリシャ悲劇」を題材に現代演劇を上演しようとしている現代の劇作家の話。
劇中劇のようにして繰り広げられていく家族模様。
現代に置き換えられた妻の夫への恨み、娘の母への憎しみ。
大胆に、緻密に、繰り広げられていくドラマに吸い込まれていくようでした。

現代における悲劇とは?

というメッセージを私は感じました。

佐久間良子さんが美しかったです☆

「アルゴス坂の白い家」-クリュタイメストラ-
新国立劇場 中劇場 10月7日まで

posted by miwa at 00:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ギリシャ悲劇はいいよねぇ。人はみんな、程度の差はあれオイディプスでエレクトラだ。
芸術から遠ざかってる今日この頃、美和ちゃんのHPとブログで癒されたいのでよろしくね!開設おめでとう:-)
Posted by 三冬 at 2007年09月23日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5521397

この記事へのトラックバック